Translate

このブログを検索

2017年11月14日火曜日

カーシェアはクルマ所有のスタンダードになるだろうね。

私は都内で2台持ちしてたくらいクルマ好きです。今は1台ですが、そろそろまた欲しい。その上で「クルマはシェア化することで便利さが増す」と思ってる。メモ。

基本クルマは多くの人にとって「道具」なんです。移動であったり、運搬であったり。同じ機能としては電車やタクシー、バス、飛行機、船があって、運搬は更に専門の業者がある。
クルマはシェアするモノとして機能しだした時、多くの人にとって、そうした需要へ今異常に選択肢が増えることになると思う。

クルマが好きという人はよく聞くけれど、その「好き」も所有しないで得られる快感もある。移動する空間として、操作する対象として、時間帯気にしないとか、色々あるけど、車種にこだわる必要無い人が大半。
極々一部の「クルマ好き」が車種にこだわって、自分のクルマを扱う訳です。「クルマ好き」って言うと、本当に幅広いから大抵話が合わない事の方が多い。

だって、移動の手段として「電車よりクルマが好きだな」ってクルマ好きと、「やっぱりポルシェのアクセル踏み込みながら走るコーナーリングが気持ち良いんですよ」ってクルマ好きとで全く違うんだから。
あと、見るだけで満足するタイプも居る。これは所有したい人達と話が合わない典型でもあるよね。
単純に言いたいのは「所有しないと満足出来ないクルマ好きってごく一部」という事。

でまぁ、クルマはシェアする道具として都市の一部になっていくことで、個人の負担が減る上に、便利なシーンが増えることが容易に予測出来る。

「田舎のレンタカー屋が駅前だけにあるわけじゃ無い」という事実を知って、家族分の台数を所有しない世帯が増加していることを知る。家族の人数より少ない台数を所有し、全員が別々に必要な時はレンタカーを借りるという。
このスタイルに違和感がないのであれば、カーシェアの気軽さは田舎にこそあって良いと思う。「カーシェアは都市だから成り立つ」って意見多く聞くけど、今は田舎に無いだけで、システムが安価になっていくことで、田舎の方がフィットしている使い方もあるよ。



Audiがモーターショーで提案していた未来のひとつに「クラウドでパーソナル情報の管理」というのがあった。これは乗り換え時に違和感なく引き継げるシステムなのだけど、確実にカーシェア的な需要も見越した技術。
クラウドに乗り味も、ナビの履歴も、好みのルートさえ蓄積されていれば、物理的なクルマはなんでも良い。iPhoneの機種変が昔ほど苦労しないのも、同じ理由。各種設定まで引き継げるのだから。

物理的なカスタムは「クルマ=道具」と考えている人達には全く必要ない。それよりも、必要に応じて選べる車種のバリエーションこそ、需要に沿ったものになることでしょう。

クルマを所有すること自体リスクしかない。税金などもそうだけれども、駐車場の確保。借りている場合は駐車場代があり、自分の所有地であれば物理的空間を奪われているわけだし。
お抱え運転手のクルマを持つ人は少なく、必要な時にだけタクシーを呼ぶ。
だとしたら、クルマだってそれで良くない?

こうした事実のある中で、じゃぁクルマ会社は何を生み出せば良いのか。そこを考えるべきで、海外のメーカーはそれぞれ個性ある答えを出し始めていると感じる。
それで日本のメーカーは?って考えると、ちょっと危険な香りしか無いよね。

企業としても苦しいし、それをバックアップしている国としても苦しい。
日本がクルマ作る必要なくなるんじゃないの?

道具として本当に素晴らしいクルマは多い。壊れないし、クオリティ高い。でも、それらを使っているユーザーが「カーシェア」を便利だと思っているんだよね。
自らが生み出した時代の流れだと思うのだけど、この先どう舵取りするのか。自動車会社にとっては大切なタイミングだと思うよ。

2017年11月6日月曜日

TMSと自動車の未来

東京モーターショーに最終日に行ってきた。驚くほどに人が少ない。
連日オープン時間などは長蛇の列があったみたいだけど、最終日のクローズの時間にガラガラな様子はちょっと危機感さえ感じた。

複数のメーカーで「自動運転のある未来」を描いている。「自動運転があれば、駐車場を探して勝手に駐車する」とか「周辺の景色の良い場所へ連れて行ってくれる」とか。
これらは「運転を嫌う層への訴求」である。
運転技術的な面もあれば、煩わしさもある。「運転は避けたいけれど、クルマは必要」という日本に一番多いと思われる層へのアピール。

でも、この層って極端な話をしてしまえば、クルマならなんでも良いんだよね。快適にスムーズに確実に目的地まで運んでくれるクルマこそ最高のクルマなのだよ。
0-100km/hが何秒だとか、馬力がどうだとか、更に極端な話をしてしまえば環境性能や燃費なんかも関係ない。
タクシーは他者の介入が煩わしいし、あくまでプライベートで移動できるモビリティであり、快適さを持ち合わせていて、クルマのある生活は好きなのだから。
だから、モーターショーに来ない。来る必要は無い。

そもそも、特別なクルマの知識を持とうという意識が無いどころか、出来る限り何も考えずに便利だけ手に入れたいのだから。

一方で「クルマを嗜好品として好き」な層は物足りない。
運転が楽しいクルマを求める人間が、自動運転のクルマを選ぶことは無い。もしカーシェアで必要な時に自宅前まで自動で配車されて、自動で移動し、目的地では勝手に駐車場を探して駐車してくれるクルマがあれば、いくらクルマが好きだと言っても、日常ではこちらを選ぶはず。運転を楽しむクルマは別に持つだろう。

結果として、ドレスアップだったり、チューニングだったり、そうした嗜好品としての楽しみを向上させてくれる情報は盛り上がる。オートサロンが盛り上がっているのは、そこにポイントを絞っているから。
誰も彼も、オートサロンに並ぶクルマの様な過激な変化を求めているのではなく、ナンバーのボルト1本を変えるところから需要がある。そんな情報さえ、TMSには無く、TASに集中するのだよ。

クルマ離れは自動車メーカーが作り上げていると感じる。

現在「クルマなら快適で便利で安全ならなんでも良いよ」って層が自動車を所有している人の大半と考えると、その層がクルマ業界を支えているっていう、クルマ好きには苦笑いで眺める構図も浮かび上がる。

全自動運転のカーシェアが実用化されれば、「あの地域には◯◯ブランドらしいよ」「あのアプリの配車サービスは最新モデルが導入されるらしいよ」と話題があがるかもしれないけれど、それは現在の「タクシー会社に採用される車種がどうでも良い」って程度の話になるんだと思う。

そこに危機感を持って旗を振り回しまくってるのがトヨタの社長なんじゃないかな。
「道具」と割り切る層が支えている事実を認識しつつ、「嗜好品」としての商品や文化を盛り上げて2つの柱を強化していこうと。
後者は確実に儲かる層ではないけれど、差別化やクルマ企業が生き残る意味を作る上で、とても大切な内容を掴んでる。

全自動ロボットを作ろうとするメーカーが居るなかで、チューニングのブランドを持つメーカーの存在意義が明確になる。
トヨタに対するGRMNやTOMS、日産に対するニスモ、BMWに対するMパフォーマンス、メルセデスに対するAMGなどなど。
その中でも、更に社外にオフィシャルの存在としてチューニングメーカーを置くBMWはその文化を一番強化出来ていると思う。

日本でも一番売れてるブランド(MINIも含む)となれば、様々なユーザーが居るのも事実。ただ、その一部がチューニングやドレスアップの文化を成長させていると思う中で、その割合は他メーカーのそれよりも多いと思う。

さぁ、ここからクルマ業界面白くなりますよ。
いろいろな意味で立ち位置が明確になっていく(ならざるをえない)から、統合もあれば、独立もあるだろうし、街で動き回るモビリティのカタチも大きく変化することだろうね。

2017年11月2日木曜日

検索されないモノは、存在しないモノなのか。

検索されない情報は多々ある。というより、検索されるよりも、されない方の情報が多いだろうと思う。例えば職業。
一番検索するのは就活生だろうけれども、検索しようの無い「あたらしい仕事」もそのひとつ。日々に検索でカスタマイズされ、浮上する情報が大手の求人情報だらけになれば、「あ、あれを作る仕事はなんて仕事なんだろう?」なんて疑問さえ消え去ると思う。

造形屋って職業がある。遊園地の岩肌やイベントや店舗などでのオブジェなどを作る仕事。ディズニーランドへ行って、エレクトロニカルパレードに興奮したとしても、キャストに憧れたとしても、そのフロートを作る仕事を検索する人は居ないんじゃないかな。
そもそも、そこが気になってもどう検索して良いのかわらないし。

業者側から考えると求人が難しい職業といえる。こうした職業が多々ある。そう、新しい仕事だけでなく、古くからある仕事でも裏方に回った瞬間に検索されなくなってしまう。

「調べればいいじゃん」「ググれよ」とよく聞くけど、検索するほどの興味が無いのかもしれない。ただ調べてみると面白い情報に触れることが出来るかもしれない。
ただ、調べられない情報。



未来予報という会社の方に授業に来てもらった。彼らの仕事は、SXSWなどで出会ったスタートアップの情報をレポートしたり、日本でのスタートアップの人たちを様々な角度からバックアップしたり。そんな業務。
ただ、分かりやすい様に、コンサルティング、ブランディング、制作業務という様なキーワードが散らばる。

こうした「既存の業種をキーワードに使う」ことは、ちょっと勿体無いなって思うときもある。けれども、ちょこちょこ見かけるのも事実。

結局、助けてほしい側としても、なんて検索して良いか分からないから、こうした近いキーワードを打ち続けながら探していくのだろうと思う。



検索されない情報は世の中に存在しないのでは無い。ただ、ひと目に触れることは無い。そうしたモノはメディアなどにピックアップされて、はじめて目にする人が増えるんだと思う。

メディアの役割も大切だなって思いつつ、知らない人に焦点をあわせるってことの大切さも感じる。

多くの情報は「知っている側の目線」で発信されることが多い。だからズレが起きる。知らない人の目線に立つ難しさに対峙させられたりしている。なう。

人気の投稿

Google+ Followers