Translate

このブログを検索

2005年4月12日火曜日

武器は持っているか?

様々なことで矛盾を感じることがあります。社会に対してであったり、仕事に対してであったりと。
自分自身、日頃の生活の中で様々に感じる気持ちに対しては、常に正直でいたいと思っています。
全て自分が正しいとは思いませんが、自分の正しいと思うことを発信することが大切であり、それがなければ、正しいのかも分かりません。正しいとは限らなくても、同じように思う人がいるかどうか、それを知るためにも、声をあげることが必要だと思っています。そうしなければ、自分が間違って居る事さえも分からない。
何も分からないまま、埋もれて生きることは楽ではないと思っています。ただ、自己主張をして多くの物事でたたかれるよりも、多少ストレスを抱えたとしても、黙っている方が楽と考えることもできるかもしれません。
そんな中、自分を守りつつも、ストレスのはけ口として匿名を利用し、インターネットなどで無責任な発言をする方が出て来ていると感じています。何を勘違いしたか、企業に向けて揚げ足を取る様な行動に出る態度も、最近目に余る様になってきました。
それらは、決して主張や意見の発信ではありません。本来の主張や発言は、「所在が明らかな立場から自分自身が声を上げること」であり、その自分自身が発言した『言葉』に対して『責任を持つ』ことが、大切なことなのだと感じています。
様々な生活があって、人それぞれに歴史があるなかで、これだけ多くの人間が暮らす社会の中。全ての人が同じ考えであるはずがありません。文化、宗教、生活の時間帯さえ違うのですから、その全ての人の考えを理解するのは困難なことです。
更に、多数派の意見が正解なのではなく、時に少数の意見が大切なことがあります。一概に誰が正解で誰が間違っていると、言う事は出来ないのです。
自分自身が感じることを発する時、そして何かに対抗する時には、戦いにも似た状況を見ることがあります。けして勝ち負けは無いのかもしれない。ただ、相手の意見を聞いた上でも、やはり自分が正しいと感じるのであれば、それは主張するべきではないだろうか?そう考えています。
戦いとは少々言葉荒げなのですが、主張は主張とぶつかります。素手で戦う場合には素手が武器となり、言葉で戦うなら言葉が武器となる。
さて、私自身の武器は何だろうか?そして、私は武器を持っているのだろうか?
ここで疑問に突き当たります。今まで人はどう動いてきたのだろうか?
時に手段は様々で、アートであり、言葉でありという文化的なものから、時代をさかのぼれば、学生紛争的なものから、戦争という凶暴なものまである。けして戦争が正しいとは思わない、ナイフを握ることが自分を主張することとも思わない。人を傷つけることは何も解決しない。
ただ、形容詞としての「ナイフ」は必要だと感じる。それが戦う武器。
私の「ナイフ」は言葉なのか、モノをつくることなのか、それはまだ分からない。一つ一つ確かめながら、その反響を見たいと思っています。
失敗してもいい、とにかく行動に移すこと。普通に生きて行くよりは、多く傷つくことになるとは思う。ただ「攻撃が最大の防御」であるのであれば、常に攻撃を続けていきたい。
常に反抗期のガキの様に、純粋でいたいと思っている。

2015/07/18:追記
これを書いてから10年。いつの間にか個人の意見が正当化され、企業が従う印象もある。土下座までさせる人は流石に事件扱いとなったけれど、行き過ぎる行為は守られた中で増え続けている。
論破することが目的では無いと思う。言葉による戦いの末の勝利として一時的な快楽はあるかもしれない、ただ論破することが目的となると自分の思いが薄れることは無いだろうか?

2005年4月6日水曜日

今動くというコト

「動かなければ始まらない。」そうは思っていても、なかなか行動に移せなかったのは、大学を出た直ぐの頃。本でも、映画でも、テレビでも、「動け」と「動かなければ何も始まらない」と。そうとしか書いていなかった。肝心な動き方や、自らの動かし方は誰も教えてくれない。
そんなとき、社会をにぎわせたのは「小渕総理(当時)の突然死」と、「福岡のバスジャック事件」。この2件の出来事が、私自身を動かす切っ掛けとなった。
後から振り返ると、小渕総理は前日から様子がおかしかったり、激務が続いていたりと、様々な要素や前兆はあったものの、突然倒れ帰らぬ人となった事は大きな衝撃を与えました。それは、有る程度元気に働いていたとしても、次の日には思いもよらぬ状況にある可能性があるということ。
もう一つの「バスジャック」事件は、若年の犯人が乗客として乗り合わせていた女性を刺殺してしまうという事件。その女性は、惜しくも若年の人のための活動を様々にされていた方だったと聞きます。結果として、事件に巻き込まれてしまったのですが、前日にも、その日の朝でさえ、本人も予測出来なかった状況だと思います。
人は、自らの意志とは反し身体の疲労や、他人の意志により、突然「生」が途絶えさせられてしまう可能性を、常に持ち合わせている。私にとって、そんなことを感じ取った出来事でした。
明日の自分など、誰も保証はしない。自分自身ですら、わかり得ぬ世界なのですから。たとえ数時間後、数分後だろうと。
だとしたら、いつ何があったとしても、悔いなく「今が一番楽しい」と言える生き方をしていかなければならないと、私は考えました。その延長線上に今があります。

2015/07/18:追記
これを書いたのは10年前。確かにこの頃は社会に放り出された時の頃のコトをずっと引きずっていた気がする。
そして、社会に放り出されてから15年過ぎて、また同じことをグルグルと考えている気がする。働き方、動き方は個性。やり方なんて無いと、今はそう思う。年齢関係なく人はモガクのです。

人気の投稿

Google+ Followers